タクシー運転手のカリスマを目指して


by 84dvkr1rw6

<河村名古屋市長>「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ(毎日新聞)

 河村たかし名古屋市長の就任後1年間を検証するシンポジウム「河村市政の1年の評価〜庶民革命の行方〜」(オンブズマン愛知主催)が8日、同市中村区で開かれた。市長と議会との対立が続く現状に、パネリストからは「対立ばかりでなく議論を深めるべきだ」との指摘が相次いだ。

 パネリストは名古屋市育ちの写真家、浅井慎平氏と藤田和秀市議(自民)、柳川喜郎・前岐阜県御嵩町長。浅井氏は「河村市長になって市民は『政治が自分たちのものだ』と気付かされた」と述べ、市政への関心が高まったことを評価。藤田市議も「市長は思いつくと現場に行って自分の目で見て判断している」と述べた。

 だが市長と議会の対立には否定的な発言が多く、柳川氏は「河村さんの方向性は悪くないが説明は舌足らず。もっと説得に努める必要がある」。藤田市議は「けんかばかりが伝わる状況に多くの市民はうんざりしている」と語った。

 市長が半減を求める議員報酬も論点に。柳川氏は市特別職報酬等審議会を「第三者機関として機能していない」と批判し「議員のお手盛りでもいけないし市長の押しつけでもいけない。審議会に代わる極めて客観的な第三者機関で審議してもらうしかない」と指摘。藤田市議も「自分の報酬をいくらがいいとは言いづらい。第三者に議論してもらうのが適切」と応じた。【丸山進】

【関連ニュース】
名古屋市長:減税案6月定例会に 本格議論を期待
名古屋市:河村市長 就任1年の日も署名活動で街頭へ
地域政党:「減税日本」を結成 名古屋市の河村市長
名古屋市議会:民主党市議団 報酬削減の検討会設置へ
名古屋・河村市長:持論展開「減税しないと天下り天国に」

迷走招いた鳩山首相の「言葉の軽さ」…その8カ月間を追う(産経新聞)
花田勝氏設立のちゃんこ店破産=負債約5億円−帝国データ(時事通信)
入れ歯ずれた患者撮影=准看護師、同僚に見せ笑う−栃木(時事通信)
大阪ブドウもう一度 大阪・羽曳野・駒ケ谷地区 復権へ耕作放棄地を再生(産経新聞)
3新幹線前年上回る 曜日配列恵まれる GW・東北(河北新報)
[PR]
by 84dvkr1rw6 | 2010-05-11 21:25