タクシー運転手のカリスマを目指して


by 84dvkr1rw6

日米合意出来れば首相の進退問題なし…下地氏(読売新聞)

 国民新党の下地幹郎国会対策委員長は16日のテレビ朝日の番組で、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題について、「5月末までにやることは、日米合意だ。日米でこういう方向で行くと決めて、(日本国内に)パッケージを説明する。日米合意が出来なかったら、鳩山首相は責任をとらなければいけない」と述べ、日米間で移設方針などの合意が出来れば、首相の進退には発展しないとの考えを示した。

 首相はこれまで、日米のほか移設先や与党の合意を5月末までに取りつける考えを示しており、下地氏の発言はハードルを下げる狙いがあると見られる。

 また、民主党の細野豪志副幹事長は16日、フジテレビの番組で、普天間問題について、「5月末(の決着)が現実的に難しいとなれば、沖縄の皆さん、国民にしっかり説明する責任は鳩山首相にある」と語った。首相の責任については、「首相が辞めることで決着するなら、1つの選択肢かもしれないが、日米関係を考えると、今当事者がいなくなる影響は大きい。責任をもってやり抜いてもらいたい」と述べた。

諫早湾開門求め海上パレード=有明海沿岸4県の漁業者ら―長崎(時事通信)
ログハウス がん手術2度乗り越え、夢実現へ 愛知の男性(毎日新聞)
民主、甘利氏の懲罰動議提出 自民は猛反発(産経新聞)
乱歩賞に横関大さん(時事通信)
本因坊戦、羽根が先勝 囲碁(産経新聞)
[PR]
by 84dvkr1rw6 | 2010-05-19 01:10