タクシー運転手のカリスマを目指して


by 84dvkr1rw6

明石歩道橋事故で元副署長起訴へ…検察審が議決(読売新聞)

 兵庫県明石市で2001年7月に起きた歩道橋事故で、神戸第2検察審査会は27日、業務上過失致死傷容疑で書類送検され、神戸地検が4度不起訴にした明石署の榊和晄(かずあき)・元副署長(62)(退職)について、「起訴議決」をした。

 改正検察審査会法施行後、起訴を求める議決は2度目で、神戸地裁が指定する弁護士が起訴する。最高裁によると、改正法に基づいて起訴議決され、強制起訴になるのは全国で初めて。

 指定弁護士は今後、議決書に基づき起訴状を作成。必要であれば、地検に協力を求めて補充捜査し、公判も担当して起訴状朗読や冒頭陳述、立証活動、論告求刑など検事役を務める。

 地検は02年12月、同署元地域官・金沢常夫被告(60)(上告中)ら5人を起訴。元署長(07年7月に死亡)と榊元副署長は嫌疑不十分で不起訴にした。審査会は2度、「起訴相当」を議決したが、地検は結論を変えず、06年7月に公訴時効(5年)が経過した。

鳥取・米子「ダラズFM」6月に開局(産経新聞)
路上に出られなくて試験官殴る 容疑の男逮捕(産経新聞)
自民が7人を追加公認 青木氏も 南部氏は辞退(産経新聞)
節分 本番間もなく 福升作り 三重・二見興玉神社(毎日新聞)
猪口氏ら7人、自民追加公認(産経新聞)
[PR]
by 84dvkr1rw6 | 2010-01-28 10:05